2008年11月30日

2008.05.24 大阪駅から「サンライズ瀬戸・出雲」発車

DSC00027 75.JPG

東京行き「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」の運転士も、大阪駅で交代です。



発車時の音楽ミュージックホーンに、注目!

飲料メーカー協賛設置費無料自動販売機 アサヒタイプ1159【総合百貨店 プレジデント】飲料メーカー協賛設置費無料自動販売機 アサヒタイプ1159
0円

空きスペースを利用して、あなたも缶飲料自販機オーナーになりませんか?初期費用0円!無料フルサポート!
Ads by 電脳卸




posted by leaves at 18:09| 滋賀 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 関西 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
285系、伝統の月光型の正常進化、という感じでイイですね。
カマ屋の私は客車列車が好きですが、寝台電車でブルトレが生き残れなかったんだろうか、と思います。
JRにその気があれば、できたと思うんですけどね。
Posted by M10S at 2008年12月01日 20:02
M10Sさんへ

そうですね。
285系になって、革新的な進化を遂げましたね。寝台列車は。

ブルトレの生き残る道としての寝台電車化ですが、たとえば「銀河」なら、設備と料金をその気になって考えれば、285系で残してもよかったと思います。(ノビノビ座席を増やす、女性専用席と女性専用車両をつける、など。)

九州でも、「さくら」が「かもめ」に抜かれまくり、「はやぶさ」も「有明・つばめ」に、「富士」も「ソニック」に、それぞれ抜かれることを考えると、交直流版285系を作っても良かったと思います。
これを作れば、「きたぐに」「日本海」にも仕えると思うのですが・・・。

おっしゃるとおり、「その気があれば」ということになります。
Posted by leaves M10Sさんへ at 2008年12月01日 21:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。