2007年09月14日

2007.09.04 土讃線 新改駅

DSC05464 75.JPG

土讃線の2つあるスイッチバックの駅の一つ、新改駅に着きました。

ここは、引込み線です。

右上から左下に伸びているのが、本線です。

駅は、左手奥にあります。DSC05465 75.JPG
ダブルクロスをわたって、駅に向かいます。

DSC05468 75.JPG

駅に着きました。

ここでは、運転士さんが、運転台を代わって、進行方向の運転台で運転していました。

坪尻駅のときは、2両だったから、バックしたかもしれないですね。DSC05469 75.JPG

今日もごらんいただき、ありがとうございました。

コンセントが無くてもケータイフル充電!【K-Liエンジン】【ビッグマーケット】コンセントが無くてもケータイフル充電!【K-Liエンジン】
9,800円

電気は持ち歩く時代。コンセント無くても携帯フル充電
Ads by STMX


K-Liエンジン用ケーブル【ビッグマーケット】K-Liエンジン用ケーブル
1,260円

恋人、知人用にケーブル全種そろえてみては?
Ads by STMX


posted by leaves at 11:20| 滋賀 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ワンマンの場合はバックすると前方の確認が出来ないので運転士が反対側の運転席に移動します。
車掌が乗務している時は車掌が確認するのでバックします。
Posted by at 2007年09月14日 13:00
無記名の方へ。

教えてくださり、ありがとうございます。
Posted by leaves at 2007年09月15日 07:43
列車が写ってない!と思いましたが、よく考えたら乗車中でしたね(笑)
結構な山のようで、スイッチバックがあるのも納得です。
Posted by M10S at 2007年09月15日 13:43
M10Sさんへ

そうですね。考えてみたら、列車が写ってない・・・。

これは全部、乗車中のキハ54の車内からとったものなのです。

窓ガラスに映っている蛍光灯の明かりで分かるかと。

土讃線は山岳線で、2000系をもってしても、このあたりはスピードが遅いです。エンジン音は力強いですが。
Posted by leaves M10Sさんへ at 2007年09月16日 04:24
土佐山田からの速度が遅い理由は勾配ってのもあるけど、カーブ半径が小さいってのもありますね〜
あとは坪尻駅と違って新改駅はシーサスが残ってるからってのもありますね。
勾配・半径で制限速度が上げれないからシーサスが残ったままなのかも知れませんが(^^;

個人的には坪尻駅もシーサスを残したままにして欲しかったけどね。
速度重視なら仕方がないかな(^^;
Posted by 迷込んだ++メンバー at 2007年09月17日 16:01
迷い込んだ++メンバーさんへ

カーブ半径・・・そうでしょうね。
特急に乗っていると、なかなか気づきませんが、先頭車両から見ていると、気づくでしょうね。

これを解消するには、複線電化の新幹線を作る!というのが、私の夢ですが、なかなか実現しないでしょうね。
Posted by leaves 迷込んだ++メンバーさんへ at 2007年09月19日 07:32
新改駅周辺には本当何もないですね。
でも戦時中には、本土決戦に備えて、四国内の兵12万を統括する「四国防衛軍司令部・四国軍管区司令部」が、高知市と善通寺市からこの新改地区に移転していたそうです。
Posted by 彩雲 at 2008年04月24日 11:08
彩雲さんへ

ほうほう、そんなことがあったんですか〜。

歴史を感じました。

本土決戦にならなくて、良かったです。
Posted by leaves 彩雲さんへ at 2008年04月24日 20:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。