2007年11月24日

2007.09.29「はやぶさ」で九州へ(3)

下関駅到着。
私の記憶では、この日は、定刻より40分ほど遅れていたと思います。

東京駅到着の「銀河」もそうでしたが、すぐに機関車が切り離されます。

DSC05931 75.JPG切り離された、EF66-49.東京から、お疲れ様でした。

DSC05932 75.JPG


客車だけの、「はやぶさ・富士」。
DSC05933 75.JPG

EF66-49は早々に、引き上げていきます。
DSC05934 75.JPG

つづいて、関門用のEF81が姿を見せました。
DSC05936 75.JPG

じりじりと、近づいてきます。
DSC05937 75.JPG


今日はここまでにします。

ありがとうございました。

耐熱シリコン製・UFOラップ(中)【こだわりキッチン「プロの道具屋さん」】耐熱シリコン製・UFOラップ(中)
1,215円

ラップの使い捨てを減らしましょう。
Ads by STMX


耐熱シリコン製・UFOラップ(お得な4枚セット)【こだわりキッチン「プロの道具屋さん」】耐熱シリコン製・UFOラップ(お得な4枚セット)
4,829円

ラップの使い捨てを減らしましょう。
Ads by STMX
posted by leaves at 11:18| 滋賀 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 中国地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
機関車交換はブルトレならでは(貨物でもなくはないですが)の楽しみですね。
後ろにこっそり写っている415系1500番台といい、下関駅の雰囲気がいいです。
列車遅延でダイヤが乱れると、JR貨物機がピンチヒッターでブルトレの先頭に立つこともあるようなので、廃止までには銀罐+ブルトレの組合せがあるといいですね。
Posted by M10S at 2007年11月24日 15:54
M10Sさんへ

ホント、機関車交換は楽しいです。

明るい時間に、関門で、機関車交換が拝めるブルトレは、たしか、くだりの「はやぶさ・富士」だけだったと思います。
なので、この列車にこだわりました。

また乗りたいですね。

EF81-304/303+ブルトレ、是非みたいですね。
Posted by leaves M10Sさんへ at 2007年11月25日 05:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。