2008年01月24日

2007.11.11 さらば北海道!

DSC07530 75.JPG

稀府駅に運転停車しました。
札幌行き「スーパー北斗」と行き違いのためです。

DSC07532 75.JPG
再び、内浦湾を見ながら進行します。

DSC07534 75.JPG
洞爺駅16:19発。

DSC07535 75.JPG
だんだん暗くなりました。

DSC07536 75.JPG

そして・・・たしか18:30頃だと思いますが、五稜郭駅に運転停車。
ココで機関車を付け替えるのですが、残念ながらドアが開かないので、取材できません。

ここで20分ほど停車しました。

お弁当も、積み込まれます。
「トワイライトエクスプレス」はお弁当も買えますので、食の心配はしなくていいです。

この20分の間に、シャワーを浴びました。
走ってる列車の中でシャワーを浴びるのは、揺れて大変なので、
止まっている今のうちに浴びるのがいいです。

シャワーのお湯が出るのは、6分間です。(一時停止可能。)

「日本海」はA寝台の人しかシャワーが使えませんが、「トワイライトエクスプレス」は300円払えば誰でもシャワーが使えるのが、良いと思いました。

DSC07538 75.JPG

これも五稜郭駅で。
DSC07539 75.JPG

そして、湯上りにはやっぱり麦酒。
おいしいです。

津軽海峡線に入ります。
車掌さんが、青函トンネルの案内をしてくれます。

こうして・・・北海道を出ました。

青森でも止まったはずなのですが、すでに酔っ払っていて夢の中・・・。

次回は、本州のどこかで目を覚まします。

さらば、北海道!

【たらばがに】 かに タラバ蟹 活1尾2.4kg前後【デジタル マーケット ウェブ】【たらばがに】 かに タラバ蟹 活1尾2.4kg前後
12,880円

うまい蟹は何度食べても本当にうまい!!お口の中で蟹汁が溢れ出す。絶妙な塩加減がこれまたおいしさを引き出させる♪
Ads by 電脳卸


IH対応・極うす!キューブケトル 2.0L【こだわりキッチン「プロの道具屋さん」】IH対応・極うす!キューブケトル 2.0L
4,614円

四角くて薄型だから収納性バツグン!
Ads by 電脳卸

posted by leaves at 09:42| 滋賀 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お金を払えば誰でもシャワーできるなら、ありがたいです。
女性はやはりそういうところが気になるので。。。

やはり、ご当地ビールを飲んでいますね〜。
わたしはお酒を飲まないんですが、「北の職人」、美味しいそうですね。
Posted by 青いタコ at 2008年01月24日 23:19
青いタコさんへ

やっぱり、シャワーは必須ですよねー。
私も毎日入浴しないと気がすまないたちなので。

「日本海」・・・今のままではお客さんが逃げますね。特に女性は。

お勧めは、やっぱりトワイライトエクスプレスですね。

ご当地麦酒、やっぱり目が行きますよー。
札幌駅で出発前に、買いました。
Posted by leaves  青いタコさんへ at 2008年01月25日 06:55
やっぱりシャワーがあるのとないのとでは、快適度にかなり差が出てきますよね。

それにしても、函館で機関車の付け替えが撮影できないなんて、何のための客車列車に乗っているかわからないくらい腹が立ってきますね(笑)
Posted by M10S at 2008年01月27日 15:14
M10Sさんへ

今朝、「あかつき」で帰ってきました。
当然ながら、シャワーがなく、久しぶりに風呂に入らないで、寝ました。
帰宅後、すぐにシャワーを浴びましたが・・・。

ブルトレには、シャワーがほしいですね。
ムリなら、駅にスーパー銭湯を作ればいいと思うのですが・・・。

五稜郭、確かにドアを開けてほしいですね。
JR北海道に要請をあげればいいのかな?
Posted by leaves M10Sさんへ at 2008年01月29日 12:28
初めての訪問です。
よろしくお願いします。

トワイライトエクスプレス、死ぬまでに一度乗ってみたい。

先ほど、この後の記事にトラックバックさせていただきました。
こちらの記事の方がよかったかな。

今後ともよろしくお願いします。

ポチッ ポチッ
Posted by 研究室長 at 2008年01月29日 15:10
研究室長さんへ

はじめまして。

トワイライトエクスプレス、私もこのとき初めてのりましたが、よかったですよー。

高い、というイメージがありますが、個室B寝台でもなかなか充実していますし、サロンカーにも近いので、お勧めです。

「死ぬまでに」とはおっしゃらず、何回でも乗ってください。飽きませんよ。

私も後何回かは、乗りたいと思います。

今後とも、よろしくお願いします。
Posted by leaves 研究室長さんへ at 2008年01月29日 17:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。